美容

敏感肌の人のための化粧水の概要

敏感肌向け化粧水の価格傾向

女性

肌が乾燥しがちであったり、化学物質に肌が負けやすいといった敏感肌の方のために開発販売されているのが敏感肌向けの化粧水です。これらの商品の価格は一般的な化粧水に比べると幾分価格が高めに設定されているものが多く見られます。 化粧水はブランドや配合成分、内容量などによって大きく価格が変わってきますが、価格傾向としては高価格帯と低価格帯とに別れており、低価格帯ならば200mlで1000円から2000円前後の商品が多く見られます。 一方高価格帯の商品は200mlで5000円から1万円を越える商品まであります。これらの値段の違いは前述のように配合成分など復数の要因が絡んでおり、値段と効果は必ずしも比例しません。 そのため敏感肌向けの化粧水を選ぶ時にはまず肌に合っているか、希望する成分が含まれているかなどに着目して選ぶのが良いとされています。

肌の事を考えた商品の普及

一般化粧水と呼ばれるタイプの化粧水は皮膚の保湿維持や潤いを与える効果がありますが、同時にアルコールを使用している製品が多く見られます。またノンアルコールのタイプの製品もありますが、それらは乳化剤を使用していることが多く、敏感肌の人には肌荒れの原因となるリスクあります。 1980年代、このアルコールや乳化剤、その他化学物質が使われた化粧水が本来の肌の目的を果たせずに、肌荒れの原因となるケースが問題となり、敏感肌の人に向けた添加物の多くを排除した化粧水が各メーカーより発売されるようになります。1990年代に入ると、天然原料の化粧品のブームもあって敏感肌向けの化粧水は広く普及します。 現在ではオールインワンタイプやオーガニックコスメと呼ばれる有機素材で作られた敏感肌向けの化粧水も販売されています。

Copyright ©2015 唇の乾燥を防ぐために大切なこと【正しいケアでぷるつや唇☆】 All Rights Reserved.